APスプレー缶ホルダーでスプレー缶の収納を少し工夫してみた

以前にAP(アストロプロダクツ)エコノミックワゴンを使ったコンパクト収納に関する記事を書きました。今回はそのワゴンをより無駄なく活用するために購入したAPスプレー缶ホルダーで基本的な収納テクを実践します。

解決したい問題点

今回このスプレー缶ホルダーを購入した理由は、ワゴンに置かれていたスプレー缶類が多くなってきたことに関係しています。写真を見てもわかるとおり、CRCやブレーキクリーナー、キャブクリーナーなどが5つもあり、これらでせっかくのワゴンスペースを埋めてしまうのは見栄えもスペース活用的にもよろしくないと思ったわけです。そこで、ワゴンにホルダーを引っ掛けて空間のスペースを利用することができればワゴンをより効果的に使うことができるのではないかと思い、購入しました。

購入した製品の解説

というわけで今回購入(実際に購入したのは3月)したのがアストロプロダクツのスプレー缶ホルダーです。価格は店頭で購入して税込1,600円弱、相場的にはこれくらいじゃないかと思います。なお、ヤフーショッピングでこれが4,000円くらいで売られているのを見つけたので、ネットショッピングをする際にはそのものの定価などを知っておくのが大事だなと思うこの頃です。

サイズは幅410 × 深さ100 × 高さ50~105mm、僕が依然購入したエコノミックワゴンの幅の長い方に綺麗に収まるサイズでした。

固定方法は逆U字型のツメ部分を引っ掛けて使用するというものです。ホルダーにマグネットを内蔵しているタイプではありません。ロールキャビネットの工具箱を持っていればマグネットタイプが適していると思いますが、僕の持っているようなワゴンではマグネットをしっかりくっつけるだけの面積が無いのであまりおすすめはできないかと。

底部分にドライバーを挿すことのできる穴が8つあけられています。サイズの大きいドライバー類の管理に困っている方や、使用頻度の大きい方はここに挿して管理するのも良いでしょう。

使ってみた感想

手持ちの缶スプレー類5つをちょうどすっぽりと収納することができました。ちょうど持っていた2番のプラスドライバーも挿してみたのですが、これは可もなく不可もなくという感じ。ドライバーを使う頻度の多い方や、工具が増えて整頓したい時、またはお洒落感覚で挿しておきたいという方には便利な8つの穴となることでしょう。

横から見るとこんな感じ。

これでどれくらいのスペースを確保することができたか考えてみる。スプレー缶の底面の直径が大体7cmとして、それが5缶あるので、

3.5cm x 3.5cm x 3.14 x 5 = 192.325㎠

約192㎠分の面積を片づけることができたこととなりました。その甲斐あって、新たに購入したターミナルセットをワゴンの上に置くことができるようになり、それでもまだワゴン上には物を置くための多少のスペースが残っています。ここにはまた何か別の物を置くようにしよう。

まとめ

今回紹介した缶ホルダーですが、空間のスペースを活用してスプレー缶などを整頓したいと考えている方にはおすすめです。とにかく綺麗に整頓したいという方であれば1,600円で整頓できるほうが費用対効果は高いでしょう。

一方で、スプレー缶1つ1つのために専用のホルダー部分が設けられたスプレー缶ホルダーがKTCのような大手国産工具メーカーから発売されています。整頓時の見栄えやブランドヴァリューにこだわる方はそちらを購入されてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です